見聞記いろいろ ブログトップ
前の10件 | -

161228バーゼル建築ツアーの1/適材適所、ユルいトコとピシッとしたトコ [見聞記いろいろ]

あくる12/28はチャリンコで、アレックスセレクトのバーゼル建築ツアー。

R0262901.jpg

朝の主役は私よ、とやはりスイス。しかし昼も夜もチーズは主役なのであることを、

この先実感するのであった(笑)

R0262817.jpg

結構お気に入りになったコーヒー味のヨーグルト。これは日本でも発売が待たれる。

R0262821.jpg

さて腹ごしらえをして出発だ。
階段室に面したアレックス&シノさんちのエントランス。
シノさんによればスイスでは初対面の人は靴のまま家に入れるけど、

二回目からはエントランスで「靴脱いでね」っていうのが習慣とのこと。
確かに後日、アレックスの実家に行った際も年越しのパーティに行った家も脱がされた。

R0262841.jpg

街を眺めてみると、日本の家は縁側があって半屋外で中間領域がウンタラカンタラ…って

いうけど、はるかに半屋外的な空間が充実していることが目に入る。

R0262894.jpg

この丸いやつはヘルツォーク&ド・ムーロンの初期の建物らしい。
現場で打ったコンクリート、工場から持ち込んだプレキャストコンクリート、
スチールのパネルや手すりのコンビネーションがとっても良かった。

R0262849.jpg

ヘルツォークの事務所の門も鉄の使い方が絶妙。

R0262944.jpg

アレックスの趣味がよくわかる。それは僕にとって、こいつは面白そうなヤツだなぁ

と思わせるところばかりだった。

R0262962.jpg

Lovely!、careflly!を連発しながらバーゼルをチャリンコでフラフラする

スイス人と日本人のグループであった。

R0262966.jpg

ディナー ディナーだったかな?初期の建物らしい。これ好きだった。

R0262866.jpg

表面積の作り方、というか段階的な空間の作り方、守り方、滲み方が素材によって、
とても注意深く整理されている。

R0262869.jpg

孔は孔らしく、でも守りは鉄らしく。

R0262870.jpg

コンクリートの躯体は躯体らしく、居場所をつくり、柔らかいバルコニーをつくる。

R0262872.jpg

雨受けのアングルがとっても繊細。

R0262878.jpg

ピシッとしてる。シールがないからか。スチールがピシッとピリッとヒューマンな大きさで、

引き締めているので、コンクリートがおおらかに見える。

R0262879.jpg

つるんとしてないので、鉄とコンクリートの建物なのに、柔らかさを出している。

R0262873.jpg

何百年も細かく鉄を使う伝統があるからか。

R0262877.jpg

そんなこと考えながらサイクリングは、つづく。
ライン河に開けたノバルティスの建物群まできた。

R0262976.jpg

おまけ
BASEL



グレーゾーンと言っても色々ある/2016年スイスの旅を思い出した [見聞記いろいろ]

ちょうど一年前、2016年12月27日バーゼルはアレックス&シノさんのアパートにて。

R0262655.jpg
上鷺宮1丁目アパートメントの設計パートナーであるスイス人、
アレックスはワイフであるシノさんと共にスイスに帰国したのであった。
It is not delightful to have friends coming from distant quarters/上鷺宮 1丁目アパートメント新築工事
http://saw.blog.so-net.ne.jp/2017-12-07
IMG_2446.jpg
教え子でもあるシノさんから新しいアパートの設計を、スイス人であるアレックスと共働してもらえないかと持ち掛けられた時、アレックスが日本に一時滞在すると聞いた時、「アレックスが日本に来るのに、俺はスイスに行ったことがないじゃないか!」というのが最初に思ったことだった。
アレックスだけに日本を感じさせて設計するのはズルイ、俺もスイスを感じたいと。(笑)
一年前の12月、急遽スイス行きを決めたのだった。

R0262656.jpg

羽田からフランクフルトで飛行機を乗り換えてバーゼルへ。バーゼルの空港はなぜかフランスにあって、だけど空港から路面電車で20分ほどでバーゼルのシノさんたちが住んでるアパートに着いちゃったのだが、部屋に差し込む

朝の光がとってもキレイだった。

R0262654.jpg

100年は経ってるというフローリング。

IMG_7192.jpg

バーゼルで最初の食事。クロワッサンじゃないよ、ギフェリだそうな。美味しい。

R0262657.jpg

お腹を満たして、バーゼルの街へ散歩に。
路面電車を見て育ったので、路面電車のレールがあるだけで安心する。

R0262670.jpg


バーゼルは泉の生水が飲める。
街もこざっぱりしているし、家の入口で靴を脱ぐ習慣があるし、やや遠慮する習慣もあるらしいし(笑)、

とっつきやすい感じ。

R0262704.jpg

写真を見返すと、ビミョーにグレーっぽい色の組み合わせが気になっていたのがわかる。

R0262700.jpg

派手さはないけど、主張はある。

R0262741.jpg

キレイじゃないし整ってもいないけど、合ってるというかまとまってる。
同じだけど違うというか、違うけど同じというか。

R0262787.jpg

色違いの愛車を見つけた!やはりスイスではグレー系なのねw

R0262689.jpg

ヘルツォーク&ド・ムーロンが手掛けた民族博物館の増築。
下から見上げると、とってもキテレツでいかにも現代建築なのだが、

R0262769.jpg

街を歩いてると、フツーにガタガタした古い建物もあるので、ヘルツォーク&ド・ムローンのかたちが生まれるべくして生まれる街なのだと思ったりした。
R0262785.jpg


アレックスとシノさん。彼らのアパートに居候しての一週間が始まるのであった。

R0262727.jpg

つづく。

BASEL



nice!(0)  コメント(0) 

愛よりも青い海がみたい♡/八重山へ その三 [見聞記いろいろ]

青い海が見たくて、例年の八重山諸島の梅雨明け時期と、ハイシーズンになる前の飛行機代やホテル代をにらめっこして、選んだこの季節。だけど、今年は梅雨明けが遅かった( ̄O ̄;)
GR260215.jpg
キレイ。だけどビミョーに曇り空な明石海岸。
GR260204.jpg
だけどシットリしたこの季節に生き物が育つのかな、とも思う。
GR260203.jpg
曇り空といっても、光が射す「白い曇り空」
明るい曇り空といういいますか。生まれ育った福井の グレーッシュな曇り空とは色が違うのです。
GR260209.jpg
秘密の砂浜へのトンネル(笑)
明石海岸に行った この日は雨も混じり、長い砂浜に俺一人。違う世界に来た っていう感じだった。
GR260213.jpg
石垣島見聞記、今日はこれにて。

nice!(0)  コメント(0) 

自然がつよい/八重山へ その二 [見聞記いろいろ]

石垣島で初めて迎える朝は、曇り空、しかも小雨混じり。
例年なら梅雨明けしているはずが、今年は遅い。
オフシーズンで飛行機やホテルの安い時期、かつ梅雨が明けるタイミングを狙ったはずが、空振り…。
GR260257.jpg
いやいや、晴れてればいいってもんじゃない、と気を取り直して離島ターミナルを下見。
IMG_0088.jpg
元気でた。
GR260238.jpg
こちらの方もオフは八重山の離島巡りをしているようだ(笑)
「三島巡り、四島巡り」じゃなくて、「四島巡り、三島巡り」と、ちっちゃい方向にいくのは何故?
…などと、心の中でちっちゃいツッコミをしていたら、和んできた。石垣島にいるのね。
IMG_4903.jpg
ターミナルのそばにあった八重山そば屋さんで昼飯。麺が丸いのね。
GR260527.jpg
その後レンタカーで北へ向かう。
十分綺麗な海と空なのだけど、でもでも雨混じりのモヤモヤ感に黄昏る相方の図。
GR260237.jpg
それでも、ヒルギの林を見つけて、寄り道。
初めてみるマングローブ。キモい。凄い。
IMG_4906.jpg
雨上がりの足元はカニやらハゼやらいっぱいで、楽しい。
旅はまだ始まったばかり。これから、こんなのをいっぱい見るのだ。
GR260256.jpg
ぶらぶらと石垣島ドライブをして、ホテルへ。サトウキビ畑の中にあった。
GR260346.jpg
相方がネットとにらめっこしてリーズナブルにゲットしたコテージタイプの部屋。


GR260481.jpg
「南国」感満載の演出。
GR260483.jpg
部屋に入って、窓の外がジャングルっぽいのがいい。
GR260485.jpg
テラスにあるジャグジーにのんびり入って
IMG_0095 (1).jpg
空は雲が少なくなって、海はエメラルド色になってきた夕暮れ。
そんな海を眺めるレストランへ。
GR260476.jpg
バイキングでいろんな料理や食材がちょっとずつ食べれて、楽しい。美味しい。
GR260477.jpg
酔っ払い出すうちに、日は暮れて。
GR260475.jpg
明日に向けて、てるてる坊主をつるのだった。
GR260484.jpg
そんなあくる朝。
GR260458.jpg
昨日よりは確実に、明るい空。いろんな「アオ」がある!
GR260459.jpg
朝飯もバイキング。ニンジンシリシリが好き。
気持ちも上がってきたところで、次回に続くのであった…。
GR260460.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

帰省は旅じゃない、と彼女は言った/八重山へ その一 [見聞記いろいろ]

IMG_4859.jpg
飛行機に乗ったら、惚けた。
始まる現場の地鎮祭を執り行い、
見積図を提出し、
確認申請を本受付までこぎつけて、
午前中の授業を終わらせて、新宿のバスタから旅が始まった。
IMG_4855.jpg
那覇空港で乗り継ぎ。梅雨明け前のシーズンオフ。修学旅行生でいっぱいだった。
IMG_4868.jpg
那覇までたどり着いて、仕事モードの頭がようやく溶け始める。
IMG_4866.jpg
石垣が見えてきた。初めて見る珊瑚礁。
IMG_4877.jpg
飛行機が着陸するちょっと前に、激しい夕立だったそうな。
雨上がりの夕焼けが幻想的だった。
IMG_4886.jpg
ダブルの虹も!
IMG_4881.jpg
こんな濃い夕焼け、久方ぶりに見た感じがした。
10年前、バリ島のウブドやクタでみた夕焼け以来な気がした。
帰省がてらに、あちこちに寄り道はしてるけど、寄り道は旅じゃない(笑)
IMG_4885.jpg
空港までホテルのおじさんがお迎えに。
夕闇と、緑と、ラジオから流れてくる「五番街のマリー」。
やっときた、って気持ちになってきた。
GR260513.jpg
明日から、しばしのノンビリ旅が始まる。
IMG_0095.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

ステルカミあればヒロウカミあり/天使のコシカケ展 [見聞記いろいろ]

知り合いのデザイナーさん達が参加してる、廃材や端材を利用したスツールの展示会、
「天使のコシカケ」展、そのオープニングパーティーに行ってきた。
GR257490.jpg
写真は、階段とか廊下の壁に設置する木製手摺の「端材」を利用したスツール。
このブログでも度々登場、柴田センセイのデザイン。
GR257466.jpg
会場は代々木駅に程近く高島屋もスグなんだけど、まだこんな場所残ってたのかぁ!
とビックリの昭和な建物を改装したカフェ、DADAカフェ
GR257501.jpg
縁側にズラリと並んだコシカケ達。
見ていると、自分も作りたくなってくる。
ちなみに、スツールは飾ってあるだけでなく、自由に座れる。
GR257485.jpg
家や家具等を作る時に出る「端材」、
その逆に建物とかを壊す時に出る「廃材」
それらを有効活用すべく考えられた、天使のコシカケ。
でも何で「天使」なの?
それはこちらをドウゾ!
GR257499.jpg
オープニングパーティは、美味しいお料理に素敵な演奏があったりする。
GR257475.jpg
天使のコシカケプロジェクトを企画する野木村さん
デザイナーであり、家具職人であり、構造デザイナーであり、
そしてジョブズ(笑)だったりする。
すまうと
GR257471.jpg
お馴染み柴田センセイ(>_<)
ブログ冒頭のスツールともう1つ、ランバーコアの端材を使ったスツールを出品。
GR257484.jpg

GR257498.jpg
野木村さん、柴田センセイ以外にも知り合いの建築家の方々が出品されていたり、
学校の教え子さんも遊びにきたりして、
ステキな夜は続くのであった。
GR257502.jpg
ブログ書くのをサボってしまい、
気がつけば展示会も今週末の土曜日、18日まで。
皆様、ステキな土曜日を、代々木DADAカフェで!
GR257496.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

手仕事はつづく/匠弘堂の八角堂 [見聞記いろいろ]

GR256547.jpg
ある夏の日の都内某所、あるお寺の境内で施工中の、八角堂の現場見学へ。
福井大学時代、音系サークルの先輩であり、
一緒にバンドを組んでた横川シャチョー率いる匠弘堂が手がける現場だ。
<匠弘堂HP>
何度かブログに登場している横川シャチョー
「2013年、帰省のドライブで白い龍をみる/白龍、吉田酒造へ」
GR256555.jpg
 境内の端っこにある落ち着いた高台に組まれた足場の中に入ると、
八本の柱が建ち並んでいる。
その昔ローマでみた円形神殿を思い出したりする。
GR256565.jpg
見上げれば、垂木その他、中心に向かって集まる様が、サスガに強烈だ。
GR256560.jpg
 木を削って、枡形や梁がナナメに緻密に組み合う 気持ちよさ、
丁寧さ、清々しさが好き。
僕は和風に感じる。
ワビとかサビとかも和風だけど、これから割り箸をパチンと割る前、
のような白木のピタリ感が好き(>_<)
GR256551.jpg
 文字カッコイイ。
GR256564.jpg
 ひとつの材料を適材適所、いろんなカタチに加工して、組み合わせていることに、
あらためて感心。
GR256550.jpg
これは何の部材だ?
GR256557.jpg
図面を見せて貰うと、ステンドガラスを納まる木枠だった。
お寺にステンドガラス!
色んな文化を取り込む「和風」らしい。
何だろう、ナポリタン?スパムおにぎり?アボカド巻き?
GR256558-8f110.jpg
 そんな妄想と関係なく、若い大工さんは木枠にひたすら鉋をかけるのであった。
GR256566.jpg
 久しく見なくなった鉋屑(かんなくず)。
GR256548.jpg
タワーの見える東京のド真ん中に、まだまだ手仕事でつくられる建物。
竣工したら、また見に来よう。
GR256563.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

タイムマシンかストップウォッチか/SH-60に [見聞記いろいろ]

P1220866.jpg
久方ぶりにSH-60という名の住宅が見たくなって道草してみた。
1950年代〜60年代にSH(=スチールハウス)シリーズとして、
67棟の鉄骨住宅を設計した広瀬鎌二の1962年の作品。
6年程前、高田馬場にての打ち合わせから荻窪の事務所への帰り道、
天気も良いし、ウロウロと東中野への抜け道を探しに入って唐突に出くわした建築だ。
P1220865.jpg
細い鉄骨とワイヤーで支えられ斜面から飛び出した、今も過激な佇まい。
飛び出してる部分は空にのみ開かれたテラス、残りの斜面側に建ってる部分がテラス
と一体化するガラス張りのワンルームだそうな。
この建物の施主、当時超売れっ子だった夭折したイラストレーターは、
汚い東京の景色など見たくもないと、この閉じた箱の中で裸同然で暮らしていたという。
施主の過激さが、設計者をぶっ飛ばせ、時代を飛び越えた建築を成立させたのか。
P1220862.jpg
カンチレバーで地面より吊り上がった、空だけのテラスを想像してみる。
空があるから、閉じて切り取るのか。
閉じて切り取るから、空があるのか。
時を飛び越えるタイムマシンなのか。
時を止めたままのストップウォッチなのか。
_0013685.jpg
上の写真は6年前、建物に出くわした瞬間、スクーターを停めて撮った一枚。
当時は人が住んでいた、階段を挟んで建つ中野区の集合住宅が閉鎖されていた。
道路の曲がりに沿って緩やかにカーブする壁面、水平に流れ、連続していく感じ、
表面の薄い感じに、和風なモダニズムを感じる。
時を止めたように建物はあったけど、タイムマシンにはなれなかった。
P1220871.jpg
SH-60、これからも、
時を止め、時を超え続けて欲しい。
P1220876.jpg

nice!(0)  コメント(1) 

創造と破壊のあいだに/特撮博物館へ [見聞記いろいろ]

江東区は木場あたりでみた光景。
R1190694.jpg
と言っても、これはセット。お騒がせしてドウモスミマセン。
東京現代美術館で開催中の
「館長庵野秀明特撮博物館」展に行ってきた。
ちなみに本日のブログタイトルは公式ホームページ、展覧会紹介にて
副館長である樋口真嗣監督のメッセージより引用させていただきました。
特撮をあらわすのにピッタリな言葉だと思ったからです。
R1190666.jpg
平日にも関わらず、展覧会場に入ると結構な人数。
でも土日休日よりは、ラク。ストレスなくジックリ楽しめました。
R1190683.jpg R1190684.jpg
撮影可能なミニチュアセットに皆サン、やはり少しでも臨場感ある絵作りをしようと、
しゃがむしゃがむ(笑)
モチロン、オイラもしゃがんで撮ってみた。
帰ってきて現像よろしくiPhotoにて画像調整。
下の写真や冒頭写真が出来上がった次第デス。
R1190681.jpg
白いスチレンボードでつくる建築模型の、
あえてイマジネーションを引き出そうとするかような、抑制のきいた模型表現とは違う、
可能な限りとことんまで「この世」を再現した特撮のミニチュア。
R1190688.jpg
CGとは違うモノの存在感を心ゆくまで堪能(^^)/
コーンアイデンティティーを発見!
R1190692.jpg R1190689.jpg
みどころは、
「帰マン」のマットジャイロやウルトラマンタロウにでてきたラピッドパンダの
撮影用ミニチュアに出会えたり、
成田亨さんがかいたウルトラセブンの原案画があったり、
ミラーマンやシルバー仮面、ファイアーマンにらいおん丸…のアヤシイ、
ディープなマスクが並んでいたりと…45歳のオッサンの心をワシズカミだった(笑)
それでも、もっとも印象に残ったのは今回の特撮展のために撮影された
「巨神兵東京に現る」だ
 
東京の街が破壊しつくされていく…。
コワイ、コワ過ぎるぞ巨神兵。
R1190676.jpg
圧倒的な破壊(美?)で描かれる映像。
去年の震災で自然のすごさ、その前での人間の無力感にあいながらも、
街を壊す映像に情熱を傾ける何か。
太平洋戦争が終わってまだその記憶が生々しかったころに、
復興した東京の街をコワし回ったゴジラ。
映画の中の人々は逃げまどいながらも、ゴジラは人間のつくった兵器で退治される。
「巨神兵東京に現る」には逃げ回る人がいない。
目前に破壊が迫っているのに動きもしない。携帯で巨神兵をパチリ、だ。
そしてあっけなく破壊されていく東京の街。
映画を見終わった後にこれでもかと解説される特撮技術だけど、
(これはこれでスゴイ!みどころなのですが)
人間は建築模型でつくるような、チャッチイ動きのない人形だ。
圧倒的な存在の前では、「人」は「人形」とかわんない、っていう
潔い位の無力感をミニチュアの作り込みでも、あらわしたのかなぁって
勘ぐってみたりシマシタ。
R1190671.jpg R1190670.jpg
一緒に仕事している筏さんのお子さんのために、
ガチャポンを3つほど買ってきたのだが、
開けてみたら、3つ買って3つ共違うという奇蹟!
筏さん、ちまるクンごめんネ。手元に置きます。
アリガトウ巨神兵。
R1190701.jpg
特撮博物館を後に、外に出てみれば雲乱れ飛ぶ夕焼け。
巨神兵が飛んでこないことを祈りつつ、家路に着くのであった。
R1190718.jpg

 












nice!(0)  コメント(0) 

また来たい場所/東大寺から春日大社へ [見聞記いろいろ]

帰省から東京に戻る途中の寄り道旅行、東大寺編。
ベタだけど、次はオレも人力車に乗ってみたい…。
P1120974.jpg
大仏殿にてテンションが上がったためか、戒壇院の前まで来て何かを思い出せない。
拝観しようかと迷い、パスして先を急いでしまう。
P1120967.jpg
東京に戻ったら、こんなCMを見て気付く不勉強さ(>_<)
四天王像は、ここに居られたのね。
P1120979.jpg
先を急いだものの、正倉院は足場で覆われ修理中。
学生の頃、
日光、月光菩薩を始め須弥壇(しゅみだん)にずらりと仏像が並ぶ様に感動した
三月堂も、その須弥壇の長期修復のため、閉鎖中…。
見るべきところが多い、東大寺ではありますが、
自分のお目当てに会えないのは、カナシイ…。

今回は、大仏様や大仏殿に会うための奈良だったのかなぁと、
二月堂よりの素晴らしい眺めをみて思う。
P1130028.jpg
小学校の修学旅行の時、大仏殿を見た後、春日大社まで歩いたことを思い出し、
若草山横の道を通り春日大社までブラブラ歩く。

これが正倉院だ!と、当時小学生のオレが
しばらく間違えていた別のお社の経蔵を見つけたり、
(経蔵とはお経等を納めておく建物のことです)
P1130044.jpg
若草山の前にある、宿泊した旅館を見つけたり、
そこの食堂の壁に仏像の写真がイッパイ掛けられたことを思いだし、
広目天はどのお寺にあるのだろう?と考えてみたり、
(↑この時点で思い出していない…)
昔読んだ司馬遼太郎のエッセイにて、廃仏毀釈の折、東大寺の学僧さんが
春日大社の神主さんに泣く泣くなったという話を思い出したり…、
P1130045.jpg
そんなこんなで春日大社に到着。
P1130046.jpg
初詣に賑わう春日大社。
このお社の、カミサマがイッパイいる感じがスキだ。
P1130051.jpg P1130053.jpg

P1130059.jpg
神様がイッパイだけでなく、
神様が近い感じもする。
神様のドコデモ感、というのでしょうか、大仏様と隣り合わせにおられることに、
ニッポンの不思議と奥深さを感じる。
…日が落ちてきてオレンジ色にさらに染まるお社をみて、唐突にバリを思い出す。
バリ島も夕焼けがキレイで、神様が近い場所だと感じた。
そんな場所が、また来たい場所だ。
P1130054.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 見聞記いろいろ ブログトップ