ヒンターホフHInterhof「裏庭」という名のアパート [works 集合住宅]

IMG_5609 (1).jpg
ご無沙汰です。

以前ブログでご紹介した、東京は中野区上鷺宮で設計監理中だったアパートが完成しました。
「It is not delightful to have friends coming from distant quaters ?」
https://saw.blog.so-net.ne.jp/2017-12-07

R0281335.jpg

先日行った見学会での一コマ。
鉄筋コンクリート造の廊下と階段に囲まれた「裏庭 Hinterhof」はお施主様と共にこれから時間をかけて
樹木を植え、気持ちの良いお庭にしていく予定です。
この裏庭、裏庭といってもアパートの各世帯は廊下を介してこのお庭に面するのだけれども、

この眺めて暮らす裏庭というか小さな広場というか、このスペースの大事さ、強さを表明したく、
鉄筋コンクリートの回廊のような廊下と階段がつくられています。

みんなが眺めて暮らすパブリックな部分を強く、個人が包まれる室内部分を木造で優しく…そんなことを考えました。

IMG_5605.JPG

廊下に面した窓からバルコニー側の通路へと視界も風も通る。
作り付けのカウンターデスクに座って、花を飾ったり本を読んだり、
あるいは外を眺めながらここでご飯を食べたり。

IMG_5583.JPG

2階の廊下もちょっと広い。
廊下を通過動線だけにしないで、何となく生活の中で眺める余地というか空ショットいうか、
生活の一部に積極的にしたかった。
パブリックな鉄筋コンクリートの階段廊下と、プライベートな木造部分の素材感やスケール感が、スチールで

作った手すりでつなぎ合わされ、導かれていくイメージを持ちました。

縦材は足場を組むのに使う既製品の単管パイプ。昭和の木造アパートの合理性をリスペクトしたV字縦格子は9φの異形鉄筋と横材のFB-50*9はドブ漬けで仕上げた。
コンクリートの「ラフさ」に合わせつつ、スチールのカッチリさが
ジョイントはジョイントらしく、ボルトはボルトらしく、荒々しくともエグザクトリーで真面目そうな手すりを目指した。

IMG_5611.JPG

廊下や裏庭に面したLDK。その先に鷺宮の家並みが遠くまで見通せる。
自分の住んでいる場所が、ここだけではなく、もっと遠くのどこかへつながっていることと感じさせるような

眺めをつくりたかった。

IMG_5613.JPG

ファミリールームのエントランスは「ウォークインクローゼット」ならぬ、

「エントランス イン クローゼット」をイメージしました。
飾り毛はないけど、収納量がいっぱいあって、質朴にカッコよくモノを整理して暮らしたい…
そんな思いからプランを考えた。

R0280568.jpg

シナランバーで仕上げた、エントランスインクローゼットを抜けるとLDKが見える。

R0280552.jpg

IMG_5617.jpg

限りなくワンルームに近い2DKをイメージした。

設計者のルックスを知っている人は、ルックスより爽やかな空間で意外かもしれない(笑)

IMG_5162.jpg

鷺宮の周りに広がる家並みと似ているような、チョット違うような姿。

R0281337.jpg

教え子であり施主であるシノさん、その旦那であり共同設計者であるスイス人アレックス!
建物の施工を請け負っていただいた澁谷工務店さん!

スチール手摺製作をお願いしたヒラミヤさん!
http://hiramiya.co.jp
そして気軽にサインシートを作ってくれた東京メイカーさん!
http://www.tokyo-maker.com
とても感謝しております。ありがとうございました。
IMG_5676 (1).jpg

ただいま入居募集中です。
お問合せは下記の不動産屋さんまでどうぞ。
アパート名はヒンターホフ Hinterhof !
東京R不動産
https://www.realtokyoestate.co.jp/estate.php?n=4469

エイブル 鷺ノ宮店

https://shop.able.co.jp/000000016/

日昇ホーム 鷺ノ宮店

https://www.nissho.co.jp/shop.html
Hinterhof募集図面.pdf


IMG_5642.JPG





共通テーマ:趣味・カルチャー