ココロノヒ。同窓会をカタチにする。 [日々の雑記]

P1250393.jpg
前回のブログでちょこっと触れた、ストロー長さ400ミリの
でかいコテトラが生まれた経緯について。
そして、ここ2ヶ月ほどブログを書くココロの余裕が無かったことについて。
前回ブログ「コテトラat若洲シーフロントミュージアム2013サマーのお知らせ」
R1252930.jpg
ボクが通っていた高校の同窓会は、毎年5月に総会・懇親会を開催するのですが、
その幹事を、卒業後27年目にあたる学年が、勤めることになっています。
五月に福井でやって、6月に東京、10月に近畿、11月に名古屋…と、
各地に住んでいる同級生達が集まり、準備をします。
前年の幹事だった一学年上の先輩からの引き継ぎから始めて、ほぼ1年かかる行事です。
R1252926.jpg
そんな「伝統」があるなんて、一昨年まで何にも知らなかった。
つい二三年前まで、ほぼつきあいの無かった連中が二十数年ぶりに集まる。
何年か前から何となく、故郷に関わる何かをしたいと、
ボランティアでフリーペーパーのお手伝いをしました。
「言うは易く行うは難し/fukuist第9号発送作業」

その頃からFacebookでボチボチ知り合いだした同窓生達がどんどん増えて、
ネット学校祭状態に(笑)
その学校祭状態の盛り上がりのなかで、自分に出来ることは何だろう?と。
幹事学年として、今年の同窓会の為のテーマとして
「ココロノヒ」という言葉を考えてみました。
121221表紙検討 [更新済み].jpg
45歳になって、同窓会とかで集まってくる。
高校卒業して二十数年経って、
楽しいことも、楽しくないことも、ココロのナカにあるだろう。
そんな色んなココロのナカにあるヒ、
日、火、秘、比、碑、扉、陽、彼、悲、飛…が集まってくる。
それが同窓会だ。

そんななか、帰省の折に同窓生達と飲んでいた時、
自分達の仕事などを話していたと思います。
何気なくコテトラワークショップの話をしたら、同窓生が、
「じゃあ、そのコテトラでウチの高校の校章つくれるケ?」
「それもスゲェでかいヤツ!」
ウチの高校の校章はこんなカタチなのですが、
kousyo.jpg
何となく「出来ると思う」の一言が、カタチに。
それが大きなコテトラ誕生のきっかけでした。
P1250422.jpg P1250705.jpg
福井の同窓会で展示するために、同窓生達に実家のガレージに集まってもらい、
学名:コウショウコテトラを製作。
佐野元春が流れるなかでの、気持は10代の大人達のためのワークショップ(笑)
R1252901.jpg
その熱気のまま東京での総会の為にもワークショップ(笑)
同窓生のみんな、結構な真剣っぷりを見せていただきました。
みんなありがとう!
R1252925.jpg
そんななかで同窓生達から、
「コテトラって何なの?」
「これやってどうするの?」
と、フツーに、やはりというか、質問を貰います。
R1252950.jpg
確かに何だろう?
新しいライブ、みたいなモンかなぁ。自分でつくるライブ。
写真3.jpg
ひとつ間違いないのは、
コテトラが、同窓生のみんなに育てて貰うように、
福井でつくったり、東京でつくったりしたこと。
コテトラの「コ」が、Coであること、コミュニケーションやコラボレーション、
Co_tetraとして機能したことです。集まるきっかけになれたことです。
P1250675.jpg
そんなキモチがカタチになったギガコテトラ、
週末の7/20、21の土日、
若洲海浜公園、シーフロントミュージアムでのワークショップに登場です。
よかったら、皆さんも一緒にCotetraを育てに来て下さいネ(^^)/

シーフロントミュージアム公式ブログ
poster_2013_summer.jpg




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。