デザイン梁山泊、その名はDESIGN HEART(デザインハート)/馬込チューニング見学会 [works 住宅]

R1191446.jpg
今回開催した馬込チューニング204オープンハウスの
見学会にご協力頂いたデザインハート。
http://www.designheart.net/home.html
アクの強い、だけど素敵なデザイナー達の集まりだ。
そんな彼らの人柄同様に、
魅力的な家具、プロダクト、自転車、インテリアに建築…等々を生み出している。
デザインハートのメンバーであり、
学校の講師仲間、テコデザインを率いる柴田センセイを通じて、
イベントに遊びに行ったり、打ち上げ飲み会で好き勝手な事を言ってる内に、
ドンドンご縁が出来て、
春のガレージ付集合住宅の見学会では、ハンドバイクやスカラバイクさんの
自転車を展示したり、
P1140200.jpg      P1140228.jpg

P1170252.jpg      P1170248.jpg
デザインハートの親分、宇賀神サン(ウガジン、スゴい名前だ(笑))が
柴田センセイとハンドバイクを携えて、故郷福井に来てくれたり、
ゲートブリッジの袂にある若洲海浜公園でのイベントに、
ひかりうんそうをワークショップに誘って頂いたり…。
R1191335.jpg      R1191309.jpg
そして、馬込チューニング204のオープンハウスでは、
デザインハートのメンバーがつくり出す、様々なプロダクトを
展示いただいた。
P1220360.jpg
オーナさんご協力の下、以前リノベーションした201号室にも展示。
ゴツゴツした矩体の下に走らせた建具を開け放つと、ギャラリーのようだ。
RIMG0198.jpg
建物を新築すると、
敷地のなかに建てる建物の外観以上に、
建物や敷地の中から見える道路、隣の建物の外壁やスキマなど、
建物が新しくなることで、
今まで裏側で見えなかった部分がアラワになってくる。
R1191514.jpg
春に竣工したガレージ付集合住宅「ガレージスペック武蔵小山」では、
建物を建て直した事で、アラワになったお隣の工場の外壁を補修させて頂いた。
新しいモノをつくるコトで、それまであった古いモノに気付くコト。
新たな要望や機能への対応、素材やスケールの選択を通じて、
暮らしの器になる空間を調整すること、すなわち馬込チューニング。
R1191516.jpg
馬込チューニング204の矩体の肌理(きめ)。
荒々しさを残しつつ白く塗った、かつては下地だったコンクリート矩体。
ザックリした矩体に比べると、柔らかく感じるシナベニヤで仕上げた棚壁。
ゴツゴツとツルンの素材感、
コンクリート矩体と棚一段一段の高さのスケール感、
開口部から差し込む光の濃淡、
RIMG0219.jpg     R1191473.jpg
そして、空間に置かれたデザインハートのメンバーがつくり出す、
魅力あるプロダクト。
RIMG0241.jpg     RIMG0202.jpg
空間をつくって完結するのではツマラナイ。
モノやヒトがいる場所として
適切な素材やスケール感、気持ちの良さをもっているかを確かめる、
大事な出来事でした。
R1191512.jpg     R1191500.jpg

R1191475.jpg
オープンハウスにお越し頂いた方々、
そしてデザインハートのステキな皆様、
ありがとうございました。
またよろしくお願いたします!
RIMG0282.jpg









nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。