今年最初の寄り道に/東大寺大仏殿 [日々の雑記]

二十数年ぶりに訪れた奈良、東大寺。
南大門はドライな位、力強い。
P1120859.jpg
東大寺

正月の帰省から、東京へのUターン。
まっすぐ戻らず、奈良・京都に寄ってみた。
310.JPG  
やはりシカがいる。セント君もいた。 
P1120850.jpg

P1120876.jpg
大仏殿への参道に並ぶ僧坊や堂塔を囲む土塀に映り込む、樹木のシルエット。
朽ちた土塀に感じる、時間の流れと、
1300年変わらず土塀に影を映し続ける、同じ時間の流れ。
P1120878.jpg

久方ぶりの大仏殿は、近付く毎に大きくなっていく。
P1120895.jpg
遠くからだと、屋根ばかり目立つ気がするのだけど、
近付くほどに屋根は小さくなり、
手を広げたような軒先の水平感に変わって、
足元まで来ると結構な高さの基壇と正面の唐破風のせいか、
垂直感が際だってくる。
「天竺様」という独特の構造形式からくる、構造的なダイナミックさ、
屋根の「飛び出し感」、部材の積み重ね感の迫力がある。
P1120898.jpg

メカニカルというか、ハイテックな香りというか、
ドライで、コンビナートの構造物を見上げるような、人工的な力強さを感じる。
P1120924.jpg
ただ、大仏サンには、ちょっと窮屈そうな空間にも感じる。
奈良時代の創建当初は間口が、
江戸時代に建てられた現在の建物の1.5倍あったようだし、
鎌倉時代に再建された時には、
天井が貼ってなく屋根裏まで空間が伸び伸びしていたともいう…等々、
三度目の大仏殿訪問で、大仏様の周りを結構グルグル廻り、
若い頃よりテンションが上がってキョロキョロしている自分に、
ちょっとニヤニヤするのでありました。
P1120952.jpg
寄り道は続きます。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。