淡く奥行きのある世界/下北沢マザーにて前英里子水墨画展示 [日々の雑記]

下北沢トモダチのマエちゃんが描いた水墨画。「祈り」という作品。P1100120.jpg
全国平成水墨画展にて新人賞、テレビ埼玉賞を受賞!
下北沢にあるバー&レストランMOTHERにて
11月15日(火)から21日(月)まで作品を展示しています。
P1100165.jpg
 MOTHER & mother's RUINのHP
P1100201.jpg
主張の強い、素材感のあるマザーの空間のなかで、
スクリーンに映る映画のなかの様に、
淡く、奥行きを持って、目前に飛び込んでくる「祈り」。
祈る人々にあたるヒカリの加減、表情や手や耳などに溢れる緊張感等を
時には淡く、時には力強く、または細かく、そして墨絵ならではの濃淡で現す。
エッこれ水墨画なんだ!、という楽しくなる意外さや発見を感じる絵。
P1100124.jpg
マザーは先日、下北沢にて40周年を迎えたばかり。
ステキな場所です。
P1100169.jpg
こちらもステキなマエちゃん。
オメデトウ!
P1100198.jpg
こちらはライブパフォーマンスで即席でかいた龍。バラが似合う。
P1100151.jpg
秋の夜長に、どうぞ!
P1100194.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。