秋の現場にて/武蔵小山の横丁2012 [works 集合住宅]

15時を過ぎた秋のひかりのなか、武蔵小山の現場が進行中。
P1100014.jpg
以前のブログでは解体工事中だった敷地。
「横丁のような/武蔵小山の集合住宅、現場へ」
P1090487.jpg
解体工事にて更地になったのも束の間、土工事に入る。
建物の荷重を地面に伝える基礎部分をつくるため、地面を掘っています。
ショベルカーが掘った場所がくずれない様に、
職人さん達が、あらかじめ地面に打ち込んだ鉄柱の間に矢板をはめ込んでいく。
P1090571.jpg
土工事が終わったら、基礎部分を組んでいきます。
写真は基礎の鉄筋が組まれている過程にて。
鉄筋コンクリートっていう位なので、鉄筋が入ってマス。
P1090834.jpg
赤いコーンがまぶしい現場。
P1090998.jpg
基礎の段取りが終わって、1階の床の工事へ。
床下に断熱のためのスタイロフォームが敷かれてます。
P1100029.jpg
有名なアーケードと同じく、武蔵小山はどこも露地とか横丁とかが長い。
長いことで、ヒトの生活が息づいていることを目に見えて感じることが出来る。
P1100026.jpg
味もアル…。
現場に通いながら、武蔵小山の観測が続きます。
P1090578.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。