カッコイイとは何か/SAIGOライディングスクール参加 [バイクと暮らす]

P1060388.jpg
1週間前の日曜日、曇り空、高湿度だった日ヨウ日の話しですが、
神奈川県は相模湖近く、
かつて相模湖ピクニックランドと呼ばれていた、
相模湖リゾートプレジャーフォレストの駐車場にて行われた
ライディングスクールに参加してきた。
P1060375.jpg
相模湖リゾートプレジャーフォレスト

ライディングスクールを主催しているのは、
立川市のバイク屋、プロショップ西郷さん

ライディングスクール、略してライスク。
場所は大体休日の教習所か、公園や遊園地の大きな駐車場。
パイロンを並べ、コースをつくります。
P1060376_540.jpg

P1060379.jpg
ライディングスクールは結構いろんなところでやっていて、
警察署がやってる安全運転講習会とか、
オートバイメーカーが主催してるものから、
元レーサーがやっているもの、
オートバイ屋さんがやっているもの…といろいろある。
基本的に同じような場所でやっているのだけど、
どこが主催かで、教え方は随分違う気がする。
初心者向けだったり、安全運転だったり…。
サーキット向けのところもある。

僕がお世話になっているモトショップ功和さんも
ライスクをやっていて、
功和さんの場合、一言で言えば「フレンドリー」
初心者からヘビーユーザーまで、
老若男女を問わず、車種も問わず幅広い。
写真は先月行われた功和さんのライスクにて。
P1050757.jpg

さて、話を相模湖にもどして遊園地の中にある駐車場。
西郷さんとこのライスクはチト厳しいとの話しを聞き、
どんな感じかと参加してみた次第。
僕が参加した初級コースのレイアウト。
P1060382_540.jpg
初級とはいえ、Uターンが連続するようにパイロンが並ぶ。

タンクにカチンとあたるまでハンドルを使い切る事、
体をしっかりイン側(バイクの曲がる側)に入れる事、
車体を自分の思う方向に持って行くために目線をしっかり取る事…。

…基本的なことですが、
ハンドルをタンクにあたる程切って曲がるなんて、
なかなか出来ない。
3.JPG
上の写真、右上からビュイーンとやってきて矢印のラインで
コーナーに見立てたパイロンを抜ける。
コーナーの出口あたり、ちょうどパイロンの真横あたりで、
車体の旋回状態が終わり、パイロンの横に最も近く、
かつ地面に垂直に、進行方向へ向かっていることがポイント。

パイロンの横でまっすぐ立つ事を意識出来るように、
1m程の幅で小さなパイロンを立ててある。
ナカナカここをまっすぐ抜けられないのですよ…。
進入角度がとっても大事。
インストラクターさんも最初の入力を間違えると曲がれない。
P1060397.jpg P1060396.jpg
丁寧なアドバイスを聞きながら、一日グルグルと。
この日は湿度も高くモノスゴイ汗でした。
ちょっと頑張ってしまってUターンでエンスト。
ウインカーがぁ(T T)…
P1060384.jpg
西郷さんのお手本。
リアタイヤがパイロンの横に並ぶあたりで、
ピタリと横付けになる。キレイだ。
P1060403.jpg
西郷さんは、
自分のブログに自分でカッコイイと付けているけど、
その通り、カッコよかったナ。

カッコイイ西郷のブログ
「SAIGOライディングスクール」
初級者編、僕もマジメに話しを聞いてる様子が写ってました

中級者編は難易度が高い!
P1060402.jpg
でも、自分のバイクの限界を知るよい経験が出来ました。
西郷さん、ありがとうございます!

来週6月26日はホームであるモトショップ功和のライスク。
楽しみです!




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。