西伊豆へ [バイクと暮らす]

すごく晴れた平日。オートバイで西伊豆へ。
P1050811.jpg
朝8時半頃東京を出て、
沼津インターから修善寺へ。
修善寺から戸田峠、西伊豆スカイライン、仁科峠、松崎へと至るルート。
杉林の中を気持ちよく抜ける道から、タイトなワインディング、
尾根を駆け抜ける高速コーナーの続く道、
ほとんどケモノ道な舗装林道まで、お腹いっぱいの峠道が続く。
P1050810.jpg

達磨山のレストハウスよりの眺め。駿河湾越しの富士山が美しい。
P1050807.jpg

お昼頃松崎着。バイク雑誌などでよく紹介されている
「さくら」というお店で昼食。
P1050812.jpg

駐車場で干しているこの海藻は何だろう?
P1050813.jpg

自家製のところてんをつくるテングサだった。
ランチを食べると、ところてん食べ放題!
P1050825.jpg

定食がなかなか出てこないので、
2杯程ところてんを食べて待っていると、
なかなかのボリュームが並んでいく…。
P1050821.jpg
「麦イカの茹で上げ定食」
今が一番おいしい!とのお店のおばちゃんのオススメ。
丸ごと茹で上がった3杯のイカとしばし格闘…。
自家製のニンニク醤油と生姜をぶっかけ、ハフハフとカブリつく。
おばちゃんの言う通り、柔らかいイカの中から、
内臓とか墨とかいろんな香りや旨味が飛び出してくる。ウマイ!!
P1050822.jpg
イカ3杯は多いんジャネ?とか、天ぷらは盛りすぎジャネ?
とかオバチャン店の奥で他のオバチャンと喧嘩してネ?とか
突っ込みどころは満載なのですが、オレはいいと思う。
子どもの頃、布団の配達に行く父親に連れて行ってもらった、
越前海岸にある幾つかの漁師町。
お客さんの家とか、父親の知ってる食堂とかで
地元のオバチャンに囲まれて食べたご飯を思い出した。
P1050823.jpg
「もてなしの基本は量だ!」というわかりやすい定食1575円。
ごちそうさまでした。癒されました。


P1050826.jpg

お腹を満たして、
「さくら」の向かいにある伊豆の長八美術館へ。
P1050838.jpg

何だろう。「コスモロジー」という言葉を思い出す。
いろんな記憶が集まっている美しい建築…。
伊豆の小さな漁師町に、
地中海やらテンピエットやら、ガウディやらが一同に介している不思議。
ポストモダンの時代からはだいぶ経ったけど、
この建物の不思議さと美しさは、いまも変わらない。

P1050852.jpg
帰り道、さらなる峠道の探索後、修善寺で寄り道。
足湯が気持ちいい!
充実のツーリングでした。
P1050855.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。