20年ぶりのサクラに/ふくい春まつり(その1) [workshopひかりうんそう]

20年ぶりにみた、実家の近所の堤防のサクラ。うれしかった。
R1004876.jpg

4月15日、金曜日、福井へ向けて東京を出発。
P1050214.jpg

深夜、無事福井到着。遅い晩飯に行ったのは、やはり秋吉…。
片町本店。
P1050226.jpg

東京のお店も福井で仕込んだネタを使っているとのことですが、
やっぱりココが好き。
P1050220.jpg

家に戻ったら速攻で熟睡zzz…。
実家はリラックスできるからか、
地震後のいろんなストレスからしばし解放されるからか、
布団がキモチイイ…。


明くる土曜日の朝は、ちょっと小雨の朝。
夜のライトアップまでに、晴れますように…。

P1050231.jpg

世田谷や杉並の、自宅や職場の近所でみる東京のサクラ、
住宅街にまぎれてたつ都会のサクラもの潔さも好きだけど、
20年ぶりにみる福井のサクラも清々しかった。
まだ花見の人もいない、朝の曇り空の下、立ち並ぶサクラが気持ちよい。
P1050233.jpg

実家の前を通る路面電車、福武線。Love!
P1050254.jpg

入社式や入学式等、新天地でのスタートを迎える事柄の多いこの季節。
福井を離れて20年、この季節に帰省したのは初めてです。
P1050252.jpg


福井市の中心部を流れる足羽川にかかる幸橋(さいわいばし)。
向こう岸の堤防にサクラ並木が見えます。
奥にみえる山は足羽山(あすわやま)。ここもサクラの名所です。
橋は何年か前に新しくなったけど、
山と川が変わらないことに有り難さを感じる。
記憶のライフラインを考えねばなりません。
P1050251.jpg

晴れ間が見えてきた午後、セッティング完了。
P1050242.jpg

東への強い風が吹いている。
天気がよいと橋の向こうに白山が見えます。
R1004861.jpg

大学の卒業設計に選んだ敷地は川の向こう側。
向こう岸をステージ、こちら側を客席に見立てて、
音楽施設をつくる計画でした。

20年以上の月日を超えて、
自分がこの場所でひかりうんそう活動をするとは!
夢はかなうものです。

P1050243.jpg

セッティングも完了し、夕方までしばしの休憩。散策に出かけます。
僕の写真ではうまく伝わらないけど、
ちょっと寒い!日差しは出てるのですが「花冷え」ですね。
R1004862.jpg

そんな寒さのなかでも、酒盛りが…。
R1004877.jpg

福井は空がいっぱいあるので、サクラの向こう側に建物がなくて、
ヌケヌケ感が気持ちいいです!
P1050244.jpg

高い建物がないので、水平に伸びていくサクラのカタマリが美しい。
R1004879.jpg

何にもないのは、悪いことじゃない。
P1050247.jpg



nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

どど

いいね!
すてき!
空が広いってすばらしい!
by どど (2011-04-20 12:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。