161228バーゼル建築ツアーの1/適材適所、ユルいトコとピシッとしたトコ [見聞記いろいろ]

あくる12/28はチャリンコで、アレックスセレクトのバーゼル建築ツアー。

R0262901.jpg

朝の主役は私よ、とやはりスイス。しかし昼も夜もチーズは主役なのであることを、

この先実感するのであった(笑)

R0262817.jpg

結構お気に入りになったコーヒー味のヨーグルト。これは日本でも発売が待たれる。

R0262821.jpg

さて腹ごしらえをして出発だ。
階段室に面したアレックス&シノさんちのエントランス。
シノさんによればスイスでは初対面の人は靴のまま家に入れるけど、

二回目からはエントランスで「靴脱いでね」っていうのが習慣とのこと。
確かに後日、アレックスの実家に行った際も年越しのパーティに行った家も脱がされた。

R0262841.jpg

街を眺めてみると、日本の家は縁側があって半屋外で中間領域がウンタラカンタラ…って

いうけど、はるかに半屋外的な空間が充実していることが目に入る。

R0262894.jpg

この丸いやつはヘルツォーク&ド・ムーロンの初期の建物らしい。
現場で打ったコンクリート、工場から持ち込んだプレキャストコンクリート、
スチールのパネルや手すりのコンビネーションがとっても良かった。

R0262849.jpg

ヘルツォークの事務所の門も鉄の使い方が絶妙。

R0262944.jpg

アレックスの趣味がよくわかる。それは僕にとって、こいつは面白そうなヤツだなぁ

と思わせるところばかりだった。

R0262962.jpg

Lovely!、careflly!を連発しながらバーゼルをチャリンコでフラフラする

スイス人と日本人のグループであった。

R0262966.jpg

ディナー ディナーだったかな?初期の建物らしい。これ好きだった。

R0262866.jpg

表面積の作り方、というか段階的な空間の作り方、守り方、滲み方が素材によって、
とても注意深く整理されている。

R0262869.jpg

孔は孔らしく、でも守りは鉄らしく。

R0262870.jpg

コンクリートの躯体は躯体らしく、居場所をつくり、柔らかいバルコニーをつくる。

R0262872.jpg

雨受けのアングルがとっても繊細。

R0262878.jpg

ピシッとしてる。シールがないからか。スチールがピシッとピリッとヒューマンな大きさで、

引き締めているので、コンクリートがおおらかに見える。

R0262879.jpg

つるんとしてないので、鉄とコンクリートの建物なのに、柔らかさを出している。

R0262873.jpg

何百年も細かく鉄を使う伝統があるからか。

R0262877.jpg

そんなこと考えながらサイクリングは、つづく。
ライン河に開けたノバルティスの建物群まできた。

R0262976.jpg

おまけ
BASEL