「自然に振る舞う」って「意識してない」ことだ/2012年福井への旅(その4) [バイクと暮らす]

浜松市は天竜にある、秋野不矩美術館にて
R0019582.jpg
GWの福井への帰省ツーリング、東京への帰路は国道365号線にて夜の栃ノ木峠越え、
滋賀県は木ノ本へ抜けて関ヶ原を通過、岐阜羽島まで夜の移動。
大きな地図で見る
当日インターネットで予約して、朝食バイキング付き4200円。
WiFiも使えるし。
おまけに岐阜羽島駅から徒歩1分!バイクだから関係ないですが(笑)
高速に乗らない選択を満喫。
R0019580.jpg
明くる早朝は、バイキングを食べて一路一般道を東京…のはずだったけど、
ふと思い出し名古屋に寄り道。
知ってる人は知っている喫茶マウンテンへ。
P1170100.jpg P1170093.jpg
朝食バイキングで満足してる場合じゃなかった!
とりあえず「八丁味噌氷下さい!」とウエイトレスさんにお願いしたら、
「量が…」とやんわり、止めた方がいい旨を促された朝の八時半。
ウエイトレスの格好した10名ほどの若者達が奥で牛丼とかピラフを食べてる八時半…。
ネーミングに惹かれて「食飲むぜ!!和風ドリンク」なるものを注文。
飲む生クリームの中に、あんこが沈んで、アイスクリームが浮かんでいる。
冷たいお汁粉かな。甘い…さすがだ名古屋。
P1170091.jpg
朝からテンションがあがってしまい、もう一つ寄り道する気に。
以前から行ってみたかった、浜松は天竜にある秋野不矩美術館へ向かう。
P1170103.jpg
リアル風の谷。
原発がなくなったら、「風の谷予算」がついてこんな風景が日本各地に現れるのかなぁ。
P1170106.jpg
電気自動車になって、自動車は生き残る。
家々をまたぐ第二東名もローマの水道橋のように残っていくだろうか。
P1170108.jpg
そんなこんなで秋野不矩美術館。
R0019595.jpg
街からチョット引いた山の中腹に建つ。麓でクルマを降りて結構な斜度の道路を歩く。
ベンチも、手摺も、道路の側溝のフタも、電柱も、道路を開くために切り崩した擁壁も、
ツルツルには加工してない木材で仕上げてある。
徹底ぶりは気持ちヨイ。
R0019597.jpg R0019594.jpg

R0019584.jpg R0019586.jpg
建物と外構の取り合い、建物が周りの風景に「合う」ように、
アプローチの道路に面した部分から「なじませて」いく。
R0019599.jpg

R0019604.jpg

R0019607.jpg R0019609.jpg
建物の「なじませ感」が気になり出して、
では、ポスターと建物のなじませ感は?
靴を脱いでスリッパを渡されるのですが、スリッパと建物のなじませ感は?
スタッフさんの雰囲気と建物の馴染ませ感は?
と、なじませ感ばかりが気になり出してしまったのですが、
とりあえず、美術館として気持ちのよい場所でした。
秋野不矩さんの絵が素晴らしい。
ニコラ・ド・スタールの色を始めて見た時のような気持ちの良さ。
P1170119.jpg P1170121.jpg
帰りは第二東名に乗ってみる。
確かに、快適な高速道路だった。
でもこれも自然、と肯定することがよいのか、問題意識なのか単なる感傷なのか、
迷う旅の終わりでした。

大きな地図で見る
今年のGW帰省ツーリング、1600キロの旅。
振り返れば、考える「タネ」を確かめる旅。

二ヶ月が経ち、次は何処へ!…考え始めてます。

2012年福井への旅
その1「国道1号線を走る」

その2「お伊勢参りへ」

その3「残された神々」

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。